新日本プロレスワールドの「いいところ」と「悪いところ」

新日本プロレス公式の動画配信サービスである「新日本プロレスワールド」。「ワールドプロレスリング」などのテレビ放送が縮小されている中、ビッグマッチのほとんどが生中継されるこのサービスはとても魅力的です。

 

「サムライTV」など、他にも新日本の生中継を視聴する方法はありますが、目的が新日本プロレスのみであるのなら、もっとも有力な選択肢でしょう。

 

もちろん私も利用しています。基本的には満足ですが、やっぱり不満も少なくありません。

 

そこで、このサービスの「いいところ」と「悪いところ」をまとめてみます。

 

新日本プロレスワールドの基本情報

・月額料金:999円(税別)

・締め日:月末絞め月初払い(月中や月末の加入には注意!)

・支払い方法:クレジットカード(デビットカードは不可)、PayPal、スマホキャリア決済(ドコモ、au、ソフトバンク)

 

新日本プロレスワールドのいいところ

ビッグマッチはほとんど生中継される

ストーリーが大きく動くビッグマッチはほとんど生中継されます。

毎年恒例の1.4東京ドームの「WRESTLE KINGDOM」春の両国「SAKURA GENESIS」5月の福岡「WRESTLING DONTAKU」6月の大阪「DOMINION」など、ほとんどのビッグマッチはリアルタイムで視聴することが可能です。

国内大会のみでなく、昨年から本格的にスタートしたアメリカ興行も今のところすべて生配信されています。(ROHなど他団体主催大会は除く)

また、ビッグマッチだけでなく「G1CLIMAX」などの恒例イベントの開幕戦や最終戦なども生中継。

シリーズによっては全戦中継されることもあります。

 

後日配信のコンテンツも充実

生中継ができない新日本レスラーの海外遠征の試合なども、後日配信されています。さすがに完全網羅とはいえませんが、今年9月のヤングバックス&コーディの興行「ALL IN」を数日後に配信してくれたのは嬉しかったです。

定点カメラ・実況なしといったケースも多いですが、私としてはあまり気になりません。むしろ下手くそなカメラワークで中継するなら、定点カメラの方がいいと感じることも。

新日本のレスラーの海外マットでの活躍する姿はなかなか観ることができませんので、まさに「新日本プロレスワールド」ならでの魅力といえるでしょう。

 

オリジナルコンテンツが面白い

試合以外のオリジナルコンテンツも配信されています。

中でも特に好きなのが、いろんなレスラーに密着し、その素顔を知ることのできる「on the Road」。

いろんなレスラーのバージョンがありますが、ジュース・ロビンソン、ジェイ・ホワイトの回は必見です。この動画を観てジュースの大ファンになりました。

各レスラーの「ドラマ」を知ると、さらに深くプロレスを楽しむことができます。

 

支払い方法の選択肢が多い

支払い方法の選択肢の多さも魅力的です。

VOD(動画配信サービス)の多くは支払い方法がクレジットカードのみとなっているケースも少なくありません。

それでも基本的には問題ありませんが、支払い方法の選択肢が多いに越したことはありません。

カード情報を相手に知らせずに決済できるPayPalやドコモ、au、ソフトバンクのキャリア決済にも対応しています。

ちなみに、私は安全性を重視してPayPalです。

 

新日本プロレスワールドの悪いところ

時期によっては生中継の本数が極端に少ないことも

生中継を目当てにしている場合、時期によっては月額料金分の魅力を感じることができないかもしれません。

G1CLIMAXが開催される夏は配信本数がかなり多いですが、一方で時期によっては1ヶ月で生中継が数本しかないことも。特に長いシリーズの間のオフにあたる時期はそもそも試合がありません。また、地方興行はあまり中継されません。

2018年はジュニアの祭典である「BEST OF SUPER Jr.」も地方大会は生中継なしで、公式戦のみの後日配信で、少し物足りなかったです。

 

オリジナルコンテンツの更新頻度が遅い

先ほど褒めたオリジナルコンテンツですが、最近は更新頻度がかなり遅くなっています。

サービス開始当初から昨年くらいまでは結構な頻度で追加されていたのですが、今年は数えるほどしか配信されていません。

面白いものが多いだけに残念です。

 

検索・タグ機能がイマイチ

選手の名前や大会名などで過去の興行などの動画を検索することができます。しかし、この機能がちょっと残念。

検索をかけてもまったくヒットしなかったりします。間違いなく配信されているはずの試合が見つからなかったりします。

また、動画には選手の名前などのタグがついており、そこをクリックすることで関連動画を探すことができます。でも、こちらもイマイチ。やはり選手名のタグをクリックしてもおかしな表示になったりします。

この辺は少しずつ改善されているようですが、もう一歩って感じです。

 

専用のアプリが使えない

スマホでも楽しめるサービスですので、当然専用のアプリがあります。これが本当に使えません。

単にブラウザでワールドを表示しているだけって感じで、まったくスマホに最適化されてない。

もっとも、私はパソコンでアクセスしてChromecast経由でテレビ表示で楽しむケースがほとんどですのであまり問題無いです。でも、スマホメインで楽しみたいという方には微妙です。

スマホの機種にもよるのかもしれません。ただ、某VODサイトのアプリのように再生中に落ちまくるといったことはありません。

 

全体的には満足!不満点は改善されるのか?

新日本プロレスの試合をもっとも多く配信しているサービス(公式だから当然ですが)ですので、新日ファンの私としては全体的には満足です。ていうか、他に選択肢はないです。

とはいえ、やはり不満点もありますので、今後の改善に期待です。

 

似たようなサービスとしては「WWE NETWORK」が挙げられます。こちらはやはり世界最大の団体だけあって、使い勝手はいいです。基本的に英語表記ですが、UIがしっかりしているので困ることはほとんどありません。

月額料金は日本円で1,200円前後ですので新日本プロレスワールドとあまり変わりません。それにも関わらず、コンテンツ量は圧倒的。WCW時代の試合まで網羅されています。

唯一の難点はSmack DownとRAWがリアルタイム配信ではないこと。これはテレビの放映権などの問題で仕方ないのでしょう。ただPPVはリアルタイムで楽しめます。

 

新日本プロレスも世界を目指す以上は「WWE NETWORK」のクオリティを目指して欲しいですね。

 

あと、ワールドとは別ですが新日本プロレス公式スマホサイトも、PC対応にはならないんですかね……試合詳細やバックステージコメントなんかを読むためにいちいちスマホを開くのが面倒です。クレジットカード決済にも対応したんですからPC対応もお願いしたいです!内藤さん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA