2019年に新日本プロレスからの選手大量流出が起こる?

ここ数ヶ月、ネット界隈で不穏な噂が流れています。

それが「2019年に新日本プロレスから選手の大量流出が起こる」というもの。

 

新日本からの選手の流出といえば、AJスタイルズと中邑真輔、カール・アンダーソン、ドク・ギャローズがWWEへ移籍した2016年を思い出します。

もっとも、2014年にはプリンス・デヴィット(現フィン・ベイラー)、2017年にもリコシェが退団し、現在はWWE所属です。

 

プロ野球において活躍した選手がメジャーリーグへと移籍したり、サッカーでもJリーグで活躍し、ヨーロッパリーグへと移籍するケースは珍しくありません。

それはポジティブに受け止められることもあるでしょう。

 

新日本プロレスにおいても、中邑真輔退団時には、派手に壮行試合が開催され、とてもポジティブな印象で送り出されました。

壮行試合ではないにしても、フィン・ベイラーはかつてのタッグパートナーである田口隆祐との「敗者追放マッチ」を経て退団。AJスタイルズはケニー・オメガを中心とした新BULLET CLUBによる裏切り→追放というストーリーが組まれました。

 

しかし、本格的な世界進出を目指す現在の新日本プロレスにとって、スター選手の流出は大きな痛手。

このままでは、WWEのファームになってしまいます。いずれはWWEと肩を並べるという夢を見るためには、現状に甘んじている訳にはいかないのです。

 

そんな中、今回の不穏な噂。

これは現実となるのでしょうか?それとも単なる噂なのでしょうか?

 

数人の選手が現在の新日本プロレスの経営陣に不満を抱いている?

この噂の発端となったのは、レスリングオブザーバーのデイヴ・メルツァーによるレポートだと言われています。

メルツァーといえば、アメリカプロレスマスコミの大物。WWEをはじめとする多くのプロレス団体とのパイプを持つと言われています。(最近はそうでもないとの声も聞かれますが)

 

そんな彼がレスリングオブザーバーのニュースレターで、名前は挙げていないものの「複数のレスラーが、2018年に就任したハルロド・メイ社長および、マイケル・クレイヴンGMに不満を抱いている」とレポートしたのです。

不満の内容はやや抽象的ですが「レスラーが工場組立ラインの労働者のように扱われている」というもの。

 

その結果として、WWEへの移籍を考え始めているというのです。

 

この情報の信憑性は?

ここ最近、デイヴ・メルツァーとWWEのパイプは以前より弱くなっていると言われ、実際に大きなスクープのスッパ抜きは減っています。

しかし、新日本プロレスに所属する外国人レスラーとのパイプは比較的強いと言われていますので、少なくとも複数の選手が新日本プロレスに対して不満を抱いているのは事実でしょう。

 

しかし、ただちにWWEへと移籍するのかと言われれば微妙なところ。

 

例年、新しい年の初めに契約を更新することの多い新日本プロレスですので、この時期の発言はその交渉を有利に進めるためのものであると考えることもできるでしょう。

 

不満を抱いている選手とは誰?

もうひとつ気になるポイントが、具体的に不満を抱いているのは誰なのか、という点。そして、メルツァーにこの情報をリークしたのも、レスラーである可能性があり、気になるところです。

 

メルツァーと距離の近いレスラーといえば、ケニー・オメガが真っ先に挙げられますが、彼が上記のような不満を抱くでしょうか?

IWGPヘビー級王座のベルトを巻き「The ELITE」のメンバーと共にかなり「好き勝手」に振る舞っているように見えます。さらに、王者という立場にありながら、今シリーズの出場は免除されるという待遇。

 

棚橋弘至との1.4に向けての舌戦にしても、かなりノリノリに見えます。

 

もちろん、これから先の展開について不満を抱いている可能性はありますが……。

 

ネット掲示板などでは、ケニーなのでは?と言われていますが、私は違和感を覚えます。

 

扱いが不遇な外国人レスラーといえば、少し前ならタマ・トンガ、タンガ・ロア、バッドラック・ファレなどが挙げられましたが、ここ最近は新生BULLET CLUBとして活躍の場が広がっています。

 

ELITE組で新日本にレギュラー参戦しているレスラーといえば、チェーズ・オーエンズ、ハングマン・ペイジが挙げられますが、まだ若い選手の割には出場機会も多く、人気も高まっていますので、不満を抱くでしょうか?

 

ただ、あまりにも不満の内容が抽象的で、それぞれの選手がどんな待遇を求めているのかもわかりませんので、誰が不満を抱き、メルツァーに情報をリークしていたとしてもおかしくはありません。

 

結局、パートタイム出場のヤングバックスやコーディあたりからの情報で、心配するほどのことではないのでは?と思っています。

 

ちょっと楽観的過ぎる結論かもしれませんが、去年も今くらいの時期からケニーが来年WWEに行くのでは?と多方面で噂されていました。

新日本プロレスのファンがちょっとWWE移籍に神経質になりすぎているのかもしれませんね。

 

(情報:E WRESTLING NEWS)

www.ewrestlingnews.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA