クリス・ジェリコが新団体?新日本プロレスWWEに続く選択肢に?

先日、新日本プロレスの外国人レスラーが大量流出するのでは?という噂について考察してみました。

続報ではありませんが、関連する気になるニュースがありました。

 

現在、新日本プロレスにも不定期で参戦しているクリス・ジェリコが元WWE実況のジム・ロスと新団体の設立を計画しているというのです。

 

現在クリス・ジェリコはWWEとの契約は終了し、新日本プロレスとは単発の契約であることが予想されるため、フリーの立場です。

多くのファンがWWEへの復帰を予想していましたが、なんと新団体の設立をもくろんでいます。

 

資金源としてはプレミアリーグのフラムFCのオーナーである実業家のシャヒド・カーンの名前も挙げられており、かなり大規模な団体となる可能性も。

仮に、この話がうまく進めば新日本プロレスはおろか、WWEをも凌ぐ規模の団体になるかもしれません。

 

この新団体が新日本プロレスの外人レスラーの流出先となる可能性が浮上しました。

 

The ELITEはジェリコの新団体へ移籍する?

これまでWWEへの流出が危惧されていた「The ELITE」ですが、ここでジェリコが大規模な新団体を設立するとなれば、新日本・WWEに続く世界にアピールできるリングの有力な選択肢となるでしょう。

The ELITEの選手は現在、新日本プロレス・ROHに所属しています。(ケニー・オメガは新日本、ヤングバックス、コーディらはROH)

しかし、それぞれ2019年1月前後に契約が満了すると言われており、その先の去就は決まっていないようです。

 

言うまでもなく、クリス・ジェリコとThe ELITEのメンバーにはパイプがあります。先日の「ALL IN」への乱入や、ジェリコ主催のクルーズイベントを見てもある程度の信頼関係があるのは明らかでしょう。

 

現段階ではまだジェリコの新団体は噂段階ではありますが、The ELITEのみでなくWWEのスター選手が移籍する可能性もあります。

 

クリス・ジェリコの新団体と新日本プロレスの関係は?

ここからは完全な私の妄想です。

クリス・ジェリコと新日本プロレスは決して悪い関係ではありません。そのため、新団体と提携する可能性は十分にあります。

そうなれば、それぞれの所属選手は両方のリングに上がることが可能となるのです。

 

そうなれば、The ELITEが仮に移籍したとしても完全に新日本を離れることにはなりません。また、逆に新日本に所属するレスラーが大規模なアメリカのリングに立つチャンスを得ることもできます。

 

そう考えると、クリス・ジェリコが計画している新団体はポジティブなものになるかもしれません。

もっとも、まだ何も決まっていない段階ですのでわからないですけどね。

 

今年の「ALL IN」の成功を見ても、非WWE系団体の可能性はまだまだありそうです。そこに新日本プロレスがどう絡むことができるのかにも注目しましょう。

 

(情報:SE SCOOPS)

www.sescoops.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA