【WWE】2018.10.22RAWで起こったこと~ロマン・レインズの白血病告白/ザ・シールド分裂?

すでにご紹介した通り、ユニバーサル王座であるロマン・レインズの衝撃の告白から始まった10.22のRAW。

白血病を告白し、ユニバーサル王座を返上することを明かしたものの、あくまで「引退」ではないことを強調。

あまりに突然の発表に、誰もがショックを隠しきれませんでした。

 

しかし、その後もさまざまな発表・展開が続きました。

 

それでは、10.22のRAWで起こったことをまとめておきましょう。

 

2018.10.22のRAWで起こったこと・試合結果

まずはロマン・レインズの告白。その後、ザ・シールドの仲間であるディーン・アンブローズとセス・ロリンズが登場。涙を堪えきれない2人を大歓声が包みました。

 

・第1試合

○フィン・ベイラーVSボビー・ラシュリー

丸め込み

 

・第2試合

●サーシャ・バンクスVS○ルビー・ライオット

ライオットキック

 

ポール・ヘイマンよりロマン・レインズより返上されたユニバーサル王座戦が11月のサウジアラビア興行「CLOWN JEWEL」で行われることが発表されました。

対戦カードは……

 

ブラウン・ストーマンVSブロック・レスナー

 

・第3試合

○アライアスVS●アポロ・クルーズ

ドリフトアウェイ

 

その後、10.28のRAW女子王座戦の調印式。

ここでニッキー・ベラがロンダ・ラウジーに平手打ち!しかし、ラウジーはやり返さず、マイクで挑発して去りました。

 

・第4試合※4Wayマッチ

デイナ・ブルックVSナイア・ジャックスVS●タミーナVS○エンバー・ムーン

イクリプス

 

・第5試合RAWタッグ王座戦

【王者】●ドルフ・ジグラー&ドリュー・マッキンタイア

VS

【挑戦者】○セス・ロリンズ&ディーン・アンブローズ

 

ザ・シールズがRAWタッグ王座を奪取し、感動のラスト……と思いきやディーン・アンブローズが突然の裏切り。ザ・シールドが分裂し、騒然としたままで放送は終了しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA