【新日本プロレス】いよいよ1.4東京ドーム「WRESTLE KINGDOM」まであと2ヶ月!気になる対戦カードは?今年もカード決定選手は「WORLD TAG LEAGUE」には出場できない?

f:id:yukineco22:20181104172512j:plain

昨日の「POWER STRUGGLE」でひとまず年内のビッグマッチは一段落。

ここからはいよいよ来年の1.4東京ドーム「WRESTLE KINGDOM13」へと向かっていくことになります。

そこで気になるのは対戦カード。現時点ではメインイベントとなるIWGPヘビー級選手権試合、ケニー・オメガVS棚橋弘至のみしか決定していません。

しかし、そろそろ対戦カードが明らかになりはじめるタイミングです。

 

そこで、昨日までの流れから、対戦カードを予想していきましょう。

2019.1.4東京ドーム「WRESTLE KINGDOM13」の対戦カード予想

まず、ほぼ確定的なものからピックアップしていきましょう。

 

・IWGP Jr. TAG王座戦

【王者】エル・デスペラード&金丸義信VS【挑戦者】SHO&YOH

 

これはほぼ決まったと考えていいでしょう。「SUPER Jr. TAG LEAGUE2018」の優勝チーム、リーグ戦・優勝決定戦の両方で王者組から直接勝利しています。

 

・IWGP Jr. HEAVY級王座戦

【王者】KUSHIDA VS【挑戦者】石森太二

 

こちらもほぼ確定的と言っていいでしょう。石森はリーグ戦で直接KUSHIDAからピンフォールを取っており、負傷欠場中でありながら11.3の試合中にも襲撃。挑戦を強烈にアピールしていました。

石森がいつシングルのベルトに挑戦するのか?と随分前から話題になっていましたが、ここに来てチャンスが巡ってきました。

 

・スペシャルシングルマッチ

オカダ・カズチカVSジェイ・ホワイト

 

こちらはもう随分と抗争が続いていますので、その決着戦として1.4でシングルマッチが組まれることになりそうです。

11.3でもお互いにシングル対決を主張していましたので、確定的です。

 

ここからはまだちょっと微妙ですが、実現の可能性が高いカードを上げていきましょう。

 

・IWGP インターコンチネンタル王座戦

【王者】クリス・ジェリコVS【挑戦者】内藤哲也

 

11.3で試合後にEVILを救出した内藤哲也がリング上で挑戦表明をしています。一方、クリス・ジェリコはバックステージで拒否しましたが、他に戦う理由のある選手が見当たりません。

 

・NEVER無差別級王座戦

【王者】後藤洋央紀VS【挑戦者】飯伏幸太

 

11.3でのリマッチの末、NEVERのベルトを取り戻した後藤は、バックステージですぐに挑戦者として飯伏を指名しました。

 

 

 

こちらも、飯伏は否定的なコメントをしていますが、他のカードは考えにくいので、このまま試合が組まれる可能性が高いでしょう。

 

ここからは、現在特に抗争が行われているわけではありませんが、組まれてもおかしくないカードをピックアップしていきましょう。

 

・IWGP TAG王座戦

【王者】タンガ・ロア&タマ・トンガVS【挑戦者】EVIL&SANADA

又は

【王者】タンガ・ロア&タマ・トンガVS【挑戦者】ヤングバックス(ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン)

 

正直、タッグ王座戦は次シリーズの「WORLD TAG LEAGUE」の結果次第ですので難しいところです。

EVIL&SANADAが優勝してそのまま挑戦……という流れは十分にあり得るでしょう。

また、1.4常連のヤングバックスも出場の可能性が高く、そうなればやはりタイトルの絡んでくることが予想されます。

 

現時点で予想できるのはこのあたりまでかな?

 

どうなる?WORLD TAG LEAGUE

続いて気になるのが、目前に迫った「WORLD TAG LEAGUE」です。

現時点ではまったく出場者などの情報は発表されていません。昨年と同じ流れになる場合、1.4の一部カード発表がされた後になるのかもしれませんね。そうなれば、また1.4で試合が決まっている選手は出場しないことになります。

すると、上記のほぼカードが確定している選手や、ベルトを保持している選手が出場しない可能性もあるでしょう。

 

でも、正直なところ、WORLD TAG LEAGUEでゴールデン☆ラヴァーズは見たい!それに、先日から噂され続けているオカダ&棚橋タッグが成立するとなれば、かなり盛り上がるシリーズになること間違いなしです。

また、ジュニア勢の参戦も期待したいところ。特にクリス・セイビン&KUSHIDA組あたりが出てくれないかな……。

 

今年はユニットが大きく動いたこともあって、いろいろと新鮮なカードを楽しむことができるかもしれません。その点にも期待したいですね。

 

明日(11.3開けの最初の月曜日)あたりに何かしらの発表があるかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA