【新日本プロレス】後藤洋央紀の挑戦者指名を「却下」した飯伏幸太は結局のところ、誰と戦いたいの?すでに1.4のその先を見据えている可能性

f:id:yukineco22:20181104172515j:plain

先日の11.3の大阪大会後、NEVER無差別級のベルトを奪取した後藤洋央紀は、バックステージで即座に挑戦者・飯伏幸太を指名しました。

しかし、飯伏はTwitterで即座に却下。

 今月5日に、1.4東京ドーム「WRESTLE KINGDOM13」の対戦カード第2段が発表されましたが、そこにはNEVER戦はなく、会社からも却下された形に。

その後もあらためてTwitterで飯伏はNEVER戦を拒否しています。

 2回目の却下。おもいっきり嫌がっています。

 

チャンピオンからの指名を拒否するのは結構珍しいケースだと思います。では、どうして飯伏幸太は全力で後藤洋央紀の指名を拒否しているのでしょうか?

 

他に戦いたい相手がいるということなのかもしれません。

 

飯伏幸太が戦いたい相手は誰?

飯伏がタイトルマッチを蹴ってでも戦いたい相手は誰なのでしょうか?

当然、真っ先に思い浮かぶのはIWGPヘビー級王座で、タッグパートナーであり、親友でもあるケニー・オメガでしょう。

先日、挑戦したばかりですが、あれはコーディを加えての3Wayマッチ。1対1での勝負ではありませんでした。

G1CLIMAXでも対戦していますが、やや不完全燃焼感がありましたので、本当の決着戦を望んでいると考えることができます。

 

もう1人、忘れてはならないのが1.4でケニーとの対戦が決まっている棚橋弘至。

飯伏は以前から棚橋のことを「神」と崇めています。G1CLIMAXの優勝決定戦でも敗れていますので、本当の意味での「神超え」を果たすために、今一度対戦を望んでいるのではないでしょうか。

 

しかし、ケニー、棚橋ともに1.4での対戦は不可能。

 

そこで、1.4の勝者の前に挑戦者として立つことを考えているのかもしれません。IWGPヘビーに挑戦するのであればNEVERのベルトは邪魔になるだけです。しかし、NEVER戦で破れてしまえばIWGP挑戦は遠ざかる。つまり、後藤洋央紀の指名を受けるとケニー、または棚橋への挑戦が難しくなってしまうのです。

 

そう考えると、当然「却下」です。そもそも、飯伏には後藤と戦いたい理由もありませんから。

 

密かにICのベルトを狙っている?

別の角度から考えてみると、飯伏が狙っているのはインターコンチネンタルのベルトである可能性が浮上してきます。

以前、飯伏は一番欲しいベルトとしてIC王座を挙げていました。棚橋と並んで尊敬する中邑真輔のトレードマークでもあったベルトですので、これも納得です。

 

ICの現王者はクリス・ジェリコ。しかし、こちらもすでに1.4で内藤哲也の挑戦が決まっています。

すると、こちらの勝者の次の挑戦者に飯伏が手を挙げてもおかしくありません。

 

ジェリコにしても内藤にしても、後藤よりおいしい相手であることは間違いありません。IC王座のベルトがかかっているのであれば尚更です。

 

いずれにしても、飯伏は1.4東京ドームではなく、その先を見ているのでしょう。

 

 

飯伏幸太が1.4東京ドームで戦いたい相手は誰?

とはいっても、1.4で何もしないわけにはいきません。

世界的にも注目される大会ですので、ここで「飯伏幸太」というレスラーをアピールしない手はないでしょう。

では、この大会で飯伏が戦いたい相手は誰なのでしょうか?

 

一番に思い浮かぶのはウィル・オスプレイです。

現在、負傷欠場中のオスプレイですが、1.4まで欠場となるとは発表されていません。その前に復帰できる可能性もあります。

そうなれば、1.4で

 

スペシャルシングルマッチ

飯伏幸太VSウィル・オスプレイ

 

が実現するかもしれません。

 

対後藤か対オスプレイか…この2択なら私ならオスプレイを選びます。単純に面白そうだから。

正直なところ、ここ最近の後藤洋央紀にはあまり魅力を感じません。今年に入って動きも悪くなっているような気もします。なので、相手が飯伏幸太であっても、1.4の大舞台に相応しい試合を成立させるのは難しいのではないでしょうか。

 

最近、後藤に対してちょっと否定的なことばかり言ってしまいますが、早くかっこいい頃の姿に戻って「手のひら返し」させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA