KAIENTAI DOJOが不倫報道のTAKAみちのくへの処分を発表!重い?それとも妥当?新日本プロレスからの処分はある?

先日、写真週刊誌で「8年間にわたるドロ沼不倫」が報道されたKAIENTAI DOJOのTAKAみちのく。

11月9日に、正式にKAIENTAI DOJOから以下の処分が発表されました。

 

・今期をもっての取締役の解任

・報酬月額の100%を1年間減額

※対象期間は2018年11月から2019年10月の1年間

TAKA みちのくへの処分について | KAIENTAI DOJO

 

TAKAみちのくへの処分は重い?妥当?

簡単にいってしまうと、KAIENTAI DOJOの運営から外され、給料も払いませんよ、といった内容になります。

今後の興行への出場などについては触れられていません。

 

私の感想としては、想像していた以上に重い処分で驚きました。それだけ、今回の一件を会社として重く受け止めているということでしょう。

報道で繰り返し新日本プロレスの名前が出てしまったことへの配慮もあるのかもしれません。なにしろ、新日本の興行中にも不倫相手の女性を呼び出した、とも報じられていますから。

事実、TAKAみちのくは新日本プロレス所属選手ではないものの、頻繁に出場していました。人によっては、TAKAみちのく=新日本プロレスの選手と思われているかもしれません。お得意様である新日本プロレスに与えたイメージダウンが、この重い処分に繋がってしまったと考えられます。

 

いずれにしても、当面は新日本プロレスからはお声がかからない可能性も高いので、厳しい状況に立たされることになりそうです。

 

「タカタイチ興行」への影響はある?

処分に続いて気になるのは、定期的に開催されている「タカタイチ興行」です。問い合わせ先はKAIENTAI DOJOとなっていますが「TAKA&タイチ興行実行委員会」の主催となっていますので、その名の通り、TAKAみちのくと、タイチによる自主興行という色合いの強いもの。

直近では2018年12月22日神奈川ラジアントホールで「タカタイチハウスin横浜」の開催が予定されています。

 

新日本プロレスファンにとってもお馴染みの興行ですので、影響が気になるという方も多いでしょう。

今のところは、中止やTAKAみちのくの出場停止といったアナウンスはありませんので、予定されているものについては開催される可能性が高いです。

 

ただ、今後もコンスタントに実施できるのかは怪しいかもしれません。

 

新日本プロレスからの処分はある?

新日本プロレスからの処分について、現時点では何もアナウンスされていません。所属選手というわけではありませんので、公式に処分を発表することはないのかも…。

ただ、今後のTAKAみちのくとの契約に大きく影響する可能性があります。もう新日本のリングでTAKAみちのくの姿を見ることはできなくなってしまうことも考えられます。

 

KAIENTAI DOJOとの関係そのものがこじれてしまう可能性も。昨日発表された通り、次シリーズの「WORLD TAG LEAGUE」にはKAIENTAI DOJOから吉田綾斗の出場が発表されています。おそらく、早い段階で決定していたことですので、今回の件は影響しなかったのでしょう。

ただ、今後、KAIENTAI DOJOと新日本プロレスの関係が悪化してしまった場合、出場が難しくなってしまうかもしれません。

 

TAKAみちのく本人に関しては自業自得ですが、他の所属選手の動向に影響が出てしまうのは避けて欲しいところです。

 

2件のコメント

  • 吉田綾斗は鷹木とのバチバチしたバトルも面白かったし、ストロングスタイルを体現できるレスラーだと思うのでぜひ新日に正式入団してほしいです。

  • デルピッポさん
    コメントありがとうございます。吉田綾斗は本当にすばらしい選手ですね!今後の成長が楽しみです。新日本のリングに上がる機会も多くなっていますし、正式入団してくれたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA