海外サイトをチェックできるようになるともっとインドアライフは捗る~英語力なんてそんなにいらない

インドアライフを充実したものにするためには、やっぱりネットの存在は欠かせません。ネットなくして楽しいインドアライフなんて送れない。私の場合は、ですが。

適当にネットサーフィンをするだけでもそれなりに充実した時間を過ごせます。

 

ネット上には無数のコンテンツがあり、日本国内向けのものだけでもかなりの数になってしまうでしょう。

でも、ニュースサイトや情報サイトの場合、どうしても内容が似通ってしまいます。プロレス系のサイトでも同様。基本的に情報ソースが同じようなものですので仕方ないんですけどね。

でも、ちょっと目線が違う情報をチェックしたい!そんな方におすすめなのが海外サイトです。

海外サイトというと、英語ができないと読めないのでは?と思われる方も多いでしょう。

もちろん、英語が読めるに超したことはありませんが、英語が苦手な方でも案外楽しめてしまうもの。

そこで、インドアライフをもっと捗らせるための海外サイトの利用方法をご紹介していきましょう。

 

ブラウザの翻訳機能も案外使える!

Chromeなどのブラウザには翻訳機能が搭載されているのをご存じでしょうか?

Google Chromeの場合、海外サイトにアクセスすると、以下のようなポップアップウインドウが出てきます。

f:id:yukineco22:20181112105848j:plain

ここで「翻訳」ボタンをクリックすると、自動で日本語に変換されるのです。

具体的にどんな風に翻訳されるのかをチェックしてみましょう。

f:id:yukineco22:20181112110246j:plain

WWE公式サイト

WWEでは日本語サイトも用意されていますが、例としてアメリカ版の公式サイトを開いてみました。当然、最初はすべて英語表記。

そこで、翻訳ボタンをクリックすると次のように変換されます。

f:id:yukineco22:20181112110811j:plain

WWE公式サイト

 

一瞬で日本語に翻訳されるのです。ちょっと不自然な部分もありますが、おおまかな内容は十分に知ることができます。

 

あまりにも日本語訳が不自然で、よくわからない場合は一旦英語表記に戻して、その部分を別の翻訳サービスなどにかけてみましょう。すると、ほとんどの内容を日本語に訳すことができるでしょう。


 

原文と日本語訳を並べてチェックすると英語力アップに繋がる?

原文サイトと日本語訳したサイトを別のウインドウで並べて表示することによって、翻訳が不自然な部分をスムーズにチェックできるだけでなく、英語力アップにも繋がるでしょう。

実際に、こうして海外情報サイトを読んでいる内に、プロレス関係のサイトであれば原文のままでもなんとなくわかるようになってきました。

 

同じプロレス系ニュースサイトでも、日本のものと海外のものではまったく視点が異なっているというケースも少なくありません。

そこで、海外サイトをチェックできるようになると、もっと広い視野でプロレスを楽しむことができるようになるでしょう。

また、日本ではまだ報道されていないニュースに出会えることも。

 

アメリカでは日本以上にプロレスが幅広い層に愛され、浸透していますので、情報サイトの数も膨大なものです。中には日本国内のサイトよりも日本のプロレス情報を詳しく掲載しているところもあります。

もちろん、プロレス以外にも、日本国内では触れられることのない情報を取り扱ったサイトがいくつもありますので、よりインドアライフが捗ることでしょう。

 

英語という時点でアレルギーを起こすのではなく、まずは翻訳機能を試すことからはじめてみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA