コーディのヒザはかなりの重症?それでも1.4東京ドーム「WRESTLE KINGDOM13」には強行出場の予定!相手はジュース・ロビンソンに決定?

f:id:yukineco22:20181113083957j:plain

ヒザの負傷によって11.11のROH「GLOBAL WARS」を欠場したコーディ。この日はバレッタとのIWGP US王座戦が予定されていました。

当然US王座戦は中止となり、その代わりに組まれたカードがバレッタと、前US王者であるジュース・ロビンソンのシングルマッチ。

 

結果はジュース・ロビンソンの勝利に終わりました。

 

コーディのヒザの状態はかなり悪いらしい

コーディ本人のTwitterや、レスリングオブザーバーの報道によると、ヒザの状態はかなり悪く、半月板損傷の疑いがあるとのこと。

治療には手術が必要となるが、すぐには受けない可能性が高いとされています。

 

その理由は1.4東京ドーム「WRESTLE KINGDOM13」に出場するため。

 

手術をすれば、1.4には間に合わない可能性が高いことから、延期し、強行出場する予定を組んでいるようです。

 

このニュースを見る限り、現時点で試合ができないほどの状態ではないようですが、パフォーマンスに影響することは間違いありません。

ちょっと心配ですね。

 

1.4東京ドーム「WRESTLE KINGDOM13」でコーディに挑戦するのは誰?

コーディが強行出場するのであれば、やっぱり気になるのは対戦相手です。

本来であれば、中止されてしまったバレッタの挑戦を受けることになるはずですが、冒頭でもご紹介した通り、バレッタは前王者のジュース・ロビンソンに敗れてしまいました。

そうなれば、ジュース・ロビンソンによるリマッチの線が浮上してきます。むしろ、現状ではジュース以外の選手は考えられないかなぁ…。

 

個人的にはマイケル・エルガンに挑戦してもらいたいですが、そもそもコーディとはほとんど絡んでいません。エルガン挑戦の可能性があるとすれば、因縁のあるNEVERになるのかも。

ただ、1.4で後藤VSタイチVSエルガンの3Way再び!みたいなのは避けて欲しいなぁ。

3Wayが嫌いなわけじゃありませんが、最近ちょっと多すぎてマンネリ感があります。


 

もしもコーディが1.4に出場できなかった場合は?

1.4までまだ1ヶ月以上ありますので、ヒザの状態がより悪化してしまう可能性もあります。また、本人がその気でもドクターの判断で出場できなくなってしまうことも考えられるでしょう。

では、コーディが1.4に出場できなかった場合、どうなるのでしょうか?

 

新日本プロレスの規定では半年間防衛戦が行えない場合は強制的にベルト返上となります。コーディが戴冠したのは今年の10.1。そこから半年ということは来年の4月まで猶予がありますので、1.4に間に合わなかったからといって、強制的な返上にはなりません。

とはいえ、年間最大のビッグイベントでIWGPを冠するタイトルマッチが行われない可能性は低いでしょう。

そのため、本人の意思によるベルト返上となる可能性はあります。

 

まだコーディのケガについてはROHや新日本プロレスから正式な発表はありませんので、現時点での判断は難しいですが、1.4のリングに立つ姿が見たいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA