オカダ・カズチカはあくまでCHAOSの存続を強調!ROHはThe ELITEが離脱する前提で動きはじめている?飯伏幸太の態度が軟化!WTL中にNEVERに挑戦か?

海外での試合もある程度落ち着いて、いよいよ本格的に新シリーズ「WORLD TAG LEAGUE2018」の開幕が近づいてきました。

とはいえ、特に試合があるわけではないので退屈な時期でもあります。

そんな中、いろいろとニュースが入ってきてはいますので、チェックしていきたいと思います。

 

オカダ・カズチカはあくまでCHAOS!本隊との合流を否定

先日、CHAOSと本隊が合流するのでは?といった話をしましたが、インタビューでオカダ・カズチカ本人が本隊との合流を否定しました。

あくまでこれまで通り「CHAOSのオカダ」としてリングに上がり続けることを強調しています。棚橋との関係についても「あまり期待しないで欲しい」とのことです。

 

とはいえ、これまで常に対角線上に立ってきたオカダ・カズチカと棚橋弘至が同じサイドで共闘するのですから、何かが起こらないわけがないですよね?

期待するなっていう方が無理です。

 

まぁ、オカダ&棚橋タッグの試合が組まれているのは少し先の話ですけどね。

 

飯伏幸太の態度が軟化?やっぱり後藤のNEVERに挑戦するの?

後藤洋央紀の挑戦者指名を「却下」した飯伏幸太。

しかし、ここ最近のTwitterをチェックしてみると、後藤とやりとりしちゃってますし、態度が軟化してきているような気がします。

やっぱり後藤のNEVERに挑戦するんでしょうか?次のシリーズではそれぞれWTLにエントリーしていませんので、タイトルマッチを組むのは難しくありません。

 

そして、先日お伝えした通り、当初のNEVER挑戦者だったウィル・オスプレイも試合に介入するなど、ある程度回復している模様。

もし、1.4の前に飯伏が後藤からNEVERを奪取すれば、1.4でウィル・オスプレイとのタイトルマッチが組まれることになるかもしれません。

もし、後藤は防衛した場合、タイチとリマッチかな?

あれ?そうなったら結局スペシャルシングルマッチで飯伏VSオスプレイなのでは?やはり、この2人、戦う運命なのかも。

とにかく今後の動きをチェックしましょう。

 

 

ROHはThe ELITEの去就に対してネガティブになっている?

アメリカのROHはThe ELITEの去就に対してネガティブになっているという噂があります。

もうELITEの噂はいいよ!って方も多いかもしれませんが、世界的に高い注目を集めるユニットですので、いろんな噂が飛び交うものです。

 

ROHはコーディ、ハングマン・ペイジ、ヤングバックスらがまとめて離脱することに備えて選手の補強を考えているという噂です。

実際にコーディらと交渉をしているはずですので、本当にROHがネガティブになっているのであれば、離脱の可能性が高くなります。

 

一方、ケニー・オメガに関しては最近情報がほとんど出てきません。ただ、先日の「Lion’s Break Project1」への出場は本人の直談判によって実現したらしく、新日本のリングに上がることに対してポジティブなようです。

 

結局、ELITEはどうなってしまうんでしょうね。いずれにしても、ヤングバックスのROHとの契約が切れる年末になるまで真相は明らかにはならないのかもしれません。

ELITEファンとしては、もう少しモヤモヤしながら過ごすことになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA