KUSHIDAはWWEに行った方が幸せなのかもしれない。残念ながら新日本プロレスでは使いこなせていない偉大な選手だから。

先日、WWEが内藤哲也を含む、複数の新日本プロレスのレスラーに接触しているという噂についてご紹介しました。

ここ数日、その内のひとりがKUSHIDAなのではないか?という説が浮上しています。実際にWWE内で、KUSHIDAをNXTで活躍させる具体的なプランまで出ているとか。

 

マジか。いや、KUSHIDAなら狙われる可能性は十分。海外経験も豊富で、知名度もそれなりにあります。ROHでもしばらくベルト巻いてたし。

 

WWEも見る目あるじゃん。とか超上から目線で思ってしまった。そして、KUSHIDAはWWEに行った方が幸せになれるのかもなぁ、って考えています。

どうして新日本プロレスはKUSHIDAを使いこなせなかった?

新日本プロレスでも、KUSHIDAはジュニアのエースポジションの選手でした。実力もパフォーマンスも申し分ない素晴らしい選手です。

それなのに、新日本プロレスはKUSHIDAをうまくスターにすることはできませんでした。王座の戴冠回数も、ベストオブスーパージュニアでも、KUSHIDAの扱いそのものはよかったのに、スターにはできなかった。

それどころか、王座防衛中にはブーイングの対象に。そして、帰国したヒロムの噛ませ犬的なポジションまでやらされる始末。

 

もちろん、KUSHIDA本人に問題がなかったとは言いません。でも、会社はあまりにもKUSHIDAの扱いが下手だった。

そして、ファンもあまり乗れなかった。素晴らしい選手なのに、微妙な扱いになってしまったのです。

 

新日本プロレスのファンとしてはとても残念です。まだまだKUSHIDAとヒロムの戦いを観たかった。越境タッグだって観たかった。

ヘビーを相手に戦うKUSHIDAを観たかった。

 

特に対ヘビーについては以前から本人も口にしていました。でも、結果として会社はそれを認めなかった。

面白いことをやれる選手なのに、やらせないのはなぜなのか。

 

それは新日本のやり方じゃないと言うのなら、やっぱりKUSHIDAは外に出た方が幸せなのかもしれません。

 

WWEでKUSHIDAはスターになれるのか?

では、WWEでKUSHIDAはスターになれるのでしょうか?

十分にその可能性はあると思います。新日本と同様に、WWEでも軽量級選手の扱いはそれほどよくありません。しかし、ヘビーの選手を相手にできるのであれば話は別。

KUSHIDAは十分にそのポテンシャルを持っています。

 

軽量級の選手といえば、ハイフライヤーが多い中、テクニシャンタイプのKUSHIDAは向こうでもかなりのインパクトを与えることができるはず。

すでにNXTでの活躍プランまで挙がっているという噂が本当なら、数年で世界のKUSHIDAになっているかもしれません。

 

それはそれで夢がある。レッスルマニアでウェーブとかやっちゃたら多分泣くよ。

 

ずっと、WWEの引き抜きを危惧する記事ばかり書いてきましたが、新日本がうまく使いこなせない以上、KUSHIDAに関しては世界を目指した方がいいのかもしれません。

 

私はKUSHIDAがどこへ行こうとも応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA