2019年に向けての整理?今年の新日本プロレスがあまりにも「雑」だった理由とは?

年内の大会も、残すところあと今日の後楽園のみとなりました。

いよいよ2018年も終わりですね。今年もリングの上ではいろんなことが起こりましたが、一言でまとめると「雑」だったなぁ、という印象。

何もかもが中途半端だった印象。ジュニアはヒロムのケガが痛かった

前半はオカダ・カズチカの防衛記録更新のための消化試合ののようなタイトルマッチ。その裏で、ザック・セイバーJr.とジェイ・ホワイトの格上げ。でも、ザックは結局オカダの記録更新の生け贄に。ジェイはELITE劇場に飲み込まれて空気に。

それなりに盛り上がりはしましたが、今考えてみるとやっぱり「雑」としかいいようがなかったかなぁ。

 

見事(?)防衛記録達成後、ケニーにベルト移動も予想通り過ぎてなんとも……。

 

一方で、ジュニア戦線は盛り上がりました。石森太二の参戦もあり、ベストオブスーパージュニアも、タイトルマッチも盛り上がった。微妙だった3Kの2人も場数を踏んで成長できたように思えます。

ただ、残念だったのは髙橋ヒロムのケガ。人気・実力ともにジュニアの中心にいるべき選手の長期欠場はやっぱりキツかったです。

 

G1は全体的には素晴らしかったですが、出場選手にはちょっとだけ不満もありました。

いや、タイチ出すべきだったでしょ。何のためにあのタイミングでヘビーに転向したのか……。YOSHI-HASHIじゃなくてタイチがエントリーすべきでした。

試合内容は全体的に良かったです。バレクラの介入も含めておもしろかった。ただ、介入で勝ち星調整できるのに無理にYOSHI-HASHIを勝たせる必要はなかったよね。説得力がない。

あと、ジュースと後藤は王者なのに負けすぎ。そして、G1きっかけのドラマも特になかったのが残念すぎる。ジュースはいきなりコーディにベルト渡しちゃうしね。どうなんだこれ。本当に中途半端過ぎてヤバい。

 

優勝決定戦をかけた棚橋VSオカダや、ケニーVS飯伏、そして優勝決定戦の棚橋VS飯伏はよかった。

最後の最後まで「愛してまーす!」もエアギターも温存したってところもなかなかに憎い演出でした。私もちょっと泣いちゃったしね。

 

1.4に向けてのストーリーもちょっと雑だったんでないか?

続いては1.4に向けてのストーリー。

ジェイの裏切りからの爆上げは悪くなかったけど、焦ってる感が凄かった。どうしてここまで急いでジェイをスターにしなけりゃならないの?

でも、結局ジェイは棚橋との権利証戦では負けちゃうの。普通にね。

 

そして、IWGPの3Way。いやいやいやいや…コーディなんで出てきた?USベルトだけじゃ不満だったのかい?

IWGPまでELITE劇場にはしないで欲しかったな。他の選手はいらない!俺たちだけでいいんだ!って言われてるみたいで感じ悪かったです。

そこに棚橋の「俺は怒っているよ」が刺さりました。まぁ、イデオロギー闘争の伏線としては素晴らしいストーリーだったのかなぁ。でも、今の雑な新日本がそこまで考えたのかは疑問です。多分、ケニーと棚橋が自発的に始めたんじゃないかな。

そう考えると、やっぱりケニーも棚橋も凄いレスラーだと思います。

 

でもな、ケニーがベルト奪取後全然来ないの。盛り上がらないよこれじゃ。

お陰で、棚橋は中途半端な形でCHAOSとバレクラの抗争に首を突っ込むことに。

棚橋&オカダのドリームタッグは一瞬盛り上がったけど、終わってみれば全敗。何も残せなかった。

ジェイの強キャラ感を強調するためにしても、棚橋まで絡めなくていいのに。

WTL出場者への不満の声があまりにも大きかったから無理矢理組んだって思われても仕方ないよなぁ。

 

そしてジェリコと内藤も全然ストーリーがないまま1.4へ。

今日、あわてて会見したけど、無理矢理感が凄くてなぁ。今年、内藤って本当にどのストーリーにも絡めてなくて残念。

 

あああああ。文句ばっかりになってしまった。

でも、本当に今年は「雑」だった。

 

で、YOSHI-HASHIどこ行った?まぁ、いいか。

2019年に向けての整理のための犠牲になった1年?

2019年はいろんなことが動きそうです。

一番大きなポイントになるのは、コーディやヤングバックス、ペイジらのオール・エリート・レスリングの旗揚げです。

非WWEのスターレスラーが集まった団体になりそうなこともあって、世界的にも注目が集まっています。

ご存じの通り、彼らは新日本プロレスでもお馴染みの顔ぶれ。世界戦略には欠かせないメンバー(だとメイ社長は思ってるはず)。

 

そうなれば、来年以降も海外戦略のためにAEWとの関係は大切にしておく必要があるんですね。

そんなわけで、コーディにはあっさりベルト渡すし、WTL出場免除でヤングバックスは1.4タイトルマッチへ。

 

これも来年以降の世界戦略のためなんでしょう。きっと。MSGもあるしね!

 

きっと2019年はおもしろくなるんですよね?メイ社長。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA