2019年のはじまり!オール・エリート・レスリング(AEW)旗揚げ正式発表!新日本プロレスとの関係は?ケニー・オメガの立場は?

皆様、新年明けましておめでとうごうざいます。

今年も狂炭酸水をどうかよろしくお願いします。

昨年末から公私ともに忙しくまったく更新ができませんでした。ていうか、新日本がお休み期間だったですしね。

 

年明けから、さっそく話題をかっさらっているオール・エリート・レスリング(AEW)ですが、特にサプライズはありませんでした。

以前から出ていた情報のまんまでしたねぇ。

 

AEWをおさらい!参加するのは誰?

まずは参加メンバーをおさらいしておきましょう。

中心となるのはコーディとヤングバックス(ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン)です。そして、コーディの嫁さんのブランディ、ハングマン・ペイジ、クリストファー・ダニエル、フランキー・カザリアン、スコーピオ・スカイです。

社長は噂の大富豪のご子息(ヤングバックスの友達?)で、副社長はコーディだそう。

ヤングバックスも役員的な立場で発言権はかなり強くなりそうです。

 

社長となる大富豪・トニー・カーン氏ですが、かなり積極的に経営に参加することなりそう。当初の予想では、スポンサー的な立場で実質的な経営はコーディ&ヤングバックスになるのでは?と言われていましたので少し意外でした。

しかし、この社長がかなりのプロレスファンということで乗り気らしいんですねぇ。

 

今のところは問題ないのかもしれませんが、主導権を取りたがる、っていうか我が強いヤングバックスと衝突しちゃわないか心配ですね。

 

新日本プロレスとの関係はどうなるの?

私としてはやっぱり新日本プロレスとの関係が一番気になるところです。

提携関係については正式発表がありませんが、AEWの選手はROHには出場しない意向とのこと。実際にROHはその前提で補強を行っています。

これまで、ROHの選手としてコーディらは新日本のリングに上がっていました。なので心配になってしまう方も多いでしょう。

しかし、コーディ、ヤングバックスともに、今後も継続して新日本のリングに上がりたいと口にしています。

 

そうなればAEWと新日本が提携する形になるのでしょうか?

 

でも、それじゃROHとの関係継続が難しくなるんじゃないかなぁ……。

AEWとの提携ではなく、それぞれの選手個人として契約して出場する形になるのかな?

まぁ、コーディとヤングバックスはAEW所属になったと言っても、自分を縛るようなマネはしなさそうだし、大丈夫でしょう。

 

今年はジュース・ロビンソンらの主力選手のROH出場が増えることになってるという話もあるので、新日本はうまくバランスをとって立ち回ることになるんじゃないかな。

CMLLとの関係を考えて他のメキシコ人レスラーを呼ばないくらいだし……。

 

AEWの詳しい情報は1月8日の決起集会にて発表されるみたいです。そこで、エリートのメンバーながら立場を明らかにしていないケニー・オメガの動向も明らかになりそう。

もしかすると、ケニーは新日本とAEWの2団体所属とかになる?飯伏もセットで。

うーん。どうなるんだろう。

 

その前に1.4があるのに気になりすぎますねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA