ELITE全敗!新日本にサヨナラ?ケニー・オメガはどこへ行く?飯伏幸太の容態は?棚橋返り咲きも素直に喜べない私がいた

大波乱の1.4が終わりました。

正直な感想を言うと、全試合があっさりと終わってしまったという印象です。

もちろん、内容は濃かった。でも、ちょっと思ってたのと違う。

 

まず、ベルトがすべて移動しました。こんなビッグマッチ珍しいですよね。ここ最近の傾向的にも驚きの結果でした。

 

そして、何よりも驚いたのがELITE全敗。

 

ELITE全敗の意図とは?新日本にサヨナラ?

第0試合を含めて、ELITEは全敗でした。

勝利が予想されていた飯伏幸太はウィル・オスプレイのストームブレイカーの前に沈み、試合後は動けなくなってしまいました。新日本の公式によると脳震盪とのこと。確か、飯伏は過去にも脳震盪をやってますので、長期欠場を余儀なくされる可能性もあります。WWEだったらダニエル・ブライアンのように一度引退することになることも……。

コーディもヤングバックスもそれぞれ敗北。

そして、メインではケニー・オメガが棚橋弘至破れ、IWGP陥落。

 

ELITEの全敗を予想していたファンはそれほど多くはないでしょう。特にケニーに関しては防衛だと思ってました。

 

そこで気になるのが今後のELITEと新日本の関係です。

 

コーディ、ヤングバックス、ハングマン・ペイジは新団体オール・エリート・レスリング(AEW)の旗揚げが決まっています。

ケニー・オメガは1月末で契約が切れる。

年間最大のビッグマッチで全敗したとなると、このまま離脱する可能性が出てきました。

 

ただ、2019年はMSG大会をはじめとして、NEWBEGINNINGやG1開幕戦など、多くのアメリカ大会が予定されています。

言うまでもなく、これまでのアメリカ大会はELITEが主軸でした。ELITEが離脱する前提でこんなに多くのアメリカ大会を組むことは考えにくい。

ジェイ・ホワイトやジュース・ロビンソンらが急成長しているとはいえ、アメリカでの知名度はまだまだです。

 

う~ん。

 

希望的な予想をすると、ROHに配慮したのかな?

ELITEのメンバーは今後ROHに出場する意思はないみたいです。それなのに新日本だけに継続して出場するとなれば、当然ROHはおもしろくない。

なので、現時点で新日本とAEWはフラットな関係であることをアピールしたのかな?

噂によると、1.4後に新日本とROHの話し合いが行われているらしいので、それが影響した可能性もあります。

 

ただ、ネガティブな噂としては、ケニーはWWE移籍を考えているとも言われています。

一旦、WWE移籍話は消えたと思いきや、ここに来て再び再燃しています。

確かにケニーはAEWへの参加も表明していません。新日本残留も表明していない。そう考えるとWWE行きの可能性もゼロじゃない。

 

憶測だけで話しても不安になるだけですが、考えずにいられないですね。

 

そして、久しぶりにIWGP王者に返り咲いた棚橋。

やっぱり棚橋はIWGPが似合う!でも、ケニーの今後を考えると素直に喜べない私がいました。

飯伏の容態も気になるし、モヤモヤした気持ちで1.4を終えてしまいましたね。

 

良くも悪くも、ELITE、ケニーに振り回されるばかりでした。

リング外のことでやきもきするのは嫌だなぁ。

 

ずっとこんな気持ちでは楽しめないので、そろそろELITEの件は決着してほしいです。

 

今日はいつも何かが大きく動く1.5。何があるんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA