【プロレス噂話】ケニー・オメガ離脱なら新日本プロレスの切り札は中邑真輔の電撃復帰とドルフ・ジグラーの参戦?AJスタイルズはWWEと契約更新が濃厚らしいが、どうなる?

ケニー・オメガの動向はまだわからないものの、ELITEの離脱は確定的な流れになってきました。

それなのに、新日本プロレスはNEWBEGINNING、そして春のMSGなど多くのアメリカ大会を予定しています。

急激にジェイ・ホワイトやジュース・ロビンソンのプッシュを進めていますが、さすがにケニーを筆頭とするELITEの穴埋めは厳しいでしょう。少なくとも現時点では。

そうなれば、アメリカ大会に向けて、何らかの「切り札」が用意されている可能性があります。

 

現在、プロレス界でもっとも注目を集めているユニットであるELITEの穴を埋めるとなれば、相当なインパクトが必要です。

 

そこで浮上してくるのがWWEスーパースターの参戦。

 

中邑真輔の電撃復帰が2019年の切り札になる?

2015年に新日本プロレスを退団し、WWEに移籍した中邑真輔。日本国内での人気はもちろんのこと、アメリカでの大活躍も多くの方がご存じでしょう。

そんな中邑ですが、WWEとの契約は4月までとされており、現時点ではまだ契約を更新していないと言われています。

もちろん、これからWWEとの交渉が行われる可能性は高いですが、同時に新日本も獲得、つまり復帰に向けて動き出しているらしいのです。

現時点では不確定な情報ではありますが、新日本としては中邑の復帰を望むのは当然のこと。

 

もしかすると、新日本プロレスの2019年の切り札は中邑真輔の電撃復帰なのかもしれません。

可能性は低いですがMSGで中邑が電撃復帰となれば、全世界で大きな話題を呼ぶことは間違いないでしょう。

 

そして、もう1人新日本プロレス参戦が噂されているスーパースターがいます。それが、ドルフ・ジグラー。

以前から新日本プロレスに興味を持っているといった旨の発言をしています。

当ブログでもお伝えした通り、新日本はWWEのスーパースター数人の獲得を狙っているという噂があります。その1人がジグラーなのかも……。

 

仮に中邑とドルフ・ジグラーが参戦するのであれば、やたらと増やしたアメリカ大会も納得です。ELITEが離脱したとしても、十分にその穴を埋めることができるでしょう。

 

AJスタイルズは結局WWE残留なのかな?

中邑と同時にWWEへと移籍したAJスタイルズも2019年に契約更新を迎えます。

一部の情報ではまだ契約更新をしていないという噂もあり、新日本復帰の可能性も囁かれていました。

ただ、AJに関しては来ることはなさそう。残念ながら…。さすがにWWEがAJまで同時に手放すとは思えないですしね。

それにAJは今よりも家族と過ごす時間を増やしたいがためにWWEとの契約更新を渋っていたらしいので、尚更日本はないでしょう。

でも、AEWならありなのかな?

その辺の動向も気になるところですね。実際にAEWはWWEの選手とも接触しているらしいので…。

 

いずれにしても、噂話の域は出ませんが、まだまだ新日本は切り札を握ってそうです。

まぁ、ケニーが残留してくれるんなら、それが一番嬉しいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA