強い田口隆祐を引き出せたYOH!タグチジャパン入りも近い?ウィル・オスプレイも快勝スタート!DOUKIはやっぱりまだ未知数

エル・デスペラードとフリップ・ゴードンが直前に欠場したこともあって、ちょっと不安のあったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアのBブロック。

ですが、フタを開けてみるとそんなに悪くない。なんだかんだ言って、優勝候補筆頭のウィル・オスプレイもいますし、田口隆祐とロッキー・ロメロの両監督、さらに期待の初出場組もこちらのブロック。

初日からかなりいい感じ。盛り上がりましたね。

ジュニアの祭典とはいえ、棚橋、オカダ、ジェイ、飯伏不在の興行でここまで盛り上げることができるとは、さすがは新日本。

でも、内藤さんは働き過ぎだと思います。

強い田口を引き出せた!YOHが目指すべきはタグチジャパン入り?

メインは地元宮城県の田口隆祐×YOH。前日にSHOがベストバウト級の名勝負を繰り広げたこともあって、YOHへのプレッシャーはかなり大きかったはず。

そんなプレッシャーをものともせず、落ち着いた渋い試合を展開してくれました。

ストレートに戦うSHOに対して、トリッキーな「くせ者」という目指すべき方向性が見えてきたのかも。そう考えると、田口は素晴らしい先生だなぁ。

そもそも、凱旋帰国前はタグチジャパンTシャツを身につけたりしてましたからねぇ。そもそもケイオスにいるのが不自然だったのかもしれない。YOHはタグチジャパン入りするのが正解なんじゃないかな。

仙台セーラーボーイズは……無理か。

また、この試合では田口の強さ、巧さが本当に光ってました。普段は見ててちょっとイラっとするくらいにふざけきってる田口ですが、いきなりこんな試合やっちゃうんですよね。もともと実力者なのは誰もがご存じの通りですが、普段とのギャップでより凄く見えてしまうんだよなぁ。

そんな強い田口を引き出せたって意味でもYOHは頑張ったと思います。正調どどんからのどどんジ・エンドなんか本当に久々に観ました。SHOじゃないけど、シビれたぜ。

あと、いつも通りギタった田口ですが、地味にどん兵衛CM仕様になってたの気付きました?

元ネタはこちら

まさかのどんぎつねさんと世界のSHINSUKE NAKAMURAのコラボ。

いくらあの中邑真輔といえど、知らない人から見たら完全にヤバい人だよね。

このCMが公開されたのがこの試合の前日。最新のネタをしっかり仕込んでくるあたり、さすが監督です。

ウィル・オスプレイはBUSHIを相手に快勝!DOUKIはまだまだ未知数

メイン以外にも面白いカードが揃ってました。

初出場組の対戦としては、急遽出場が決まった成田連×DOUKIですね。成田は初出場の緊張からか、ちょっと固い感じ。DOUKIの方もちょっとわからないなぁ。グラウンドの攻防も噛み合ってなかったし。

現時点ではちょっと新日本には合わないように思えてしまいました。ただ、相手はヤングライオンでしたからね。今日・明日の田口との絡みに期待しましょう。(すでにTwitterでは絡んでましたけど)

続いて、同じく初出場組の対戦となりエル・ファンタズモ×バンディードは予想通り素晴らしかった。思ったほどスピードはなかった分、2人ともパワーもかなりあるんだなぁ。

バンディードはジュース・ロビンソン率いるライフ・ブラッドのメンバーなんですが、この大会中はなぜかあまり絡まないのはなんでだろう?ROH内のユニットですが、マーティ・スカルは思いっきりヴィラン・エンタープライゼスやってるのにもったいないなぁ。新日本ではあくまで本隊のジュースでなければならないのかな?

そして、優勝候補筆頭のウィル・オスプレイも登場!BUSHIを相手に快勝です。

やっぱりBUSHIも巧いだけあって、しっかり期待通りのいい試合でした。それにしてもストームブレイカーかっこいいね。でも、決まった時の気持ちよさでいえば、オスカッターも好きなのでたまには決めて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA